読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅の平成 ☆ きもの暮らし

特別じゃないふだんの着物とキモノにまつわるあれこれ

プチプレゼンで目指すのはアイドル?

おはようございます 紅です

気持ちのいい朝ですね。

 

実はまだ、商品ができていません。

Kさんとの「起業相談」まであと3時間。

全て固めてから行く必要はないんだけど21日のプチプレゼンに向けて商品を固めたい。

 

しかし、私の場合一人であれこれ考えてアイディアを出すと「悪乗り」してしまう傾向がある。

 

前々からこの「はてなブログ」なのか「はてなブックマーク」なのかを略して「はてぶ」というのが心に引っかかっていて「何かに使いたい」って感じています。

 

「はてぶ」という言葉、「さいはて」や「果てしない」「辺境の地」「広大な空」と言うイメージが湧いてきてワクワクしちゃいます。

 

今回の商品名にこのニュアンスを加えたいと思って・・・言葉を弄んでいるうちに商品どころではなくなっています。

 

21日のプレゼンに対しても、気持ちが萎えてきた。

招かれた会がどんな会なのか?

お客は誰なのか?

わからない。

ネットで調べてみるとNPOらしいけど、実態はあんまりないみたい。

年に何度か美味しいものを食べながら講演を聞くというような・・・

 

主催は元某大学教授でファンクラブみたいなのか、ハイソな人の集まりらしい。

おじさんばかりなのかな・・・70人ほど集まるみたい。

 

そこでどんなプレゼンを?

何着て行こう・・・?

もちろん着物だけど単はそんなに持っていないし・・・

 

人の不安や心配は「対象に対する知識」に比例するという。

 

的が絞れれば軸がはっきりすればそれほど怖くないんだ。

 

たぶん・・・狙い目は

「アイドル」なんだと思う。

 

でも、私はそんなことできるタチではない・・・が。

仕事のためには・・・頑張ってみるか。

 

カリスマというのかオーラというのか人たらしというのか・・・

その場の空気を引き寄せてしまったり、誰とでもすぐ仲良くなれたり、「なんとかしてあげたい!」なんて思わせちゃうような可愛らしい女性。

 

今までに何人も見てきました。

「とんちんかんなこと言ってるのに正論に聞こえる」

「話題の中心にいる」

「人を心地よくさせるような話術を身につけている」

 

私の目から見ても素敵だと思う。

だけどこのタイプの人は私に対して距離を置く。

何か見透かされると思っているのか?

 

そんな私がアイドル的な振る舞いをするなんて・・・

無理な話だろう。

 

でも、少し参考にさせてもらおうっと!

 

今日の午後からのイベントはまるで女子会。

 

先日、自分で洗って縫い直したポリの単を着ていく予定。

夏帯を入れ替えるのを忘れていて、しっくりくる名古屋帯が見当たらないので半幅帯を結ぶ予定。

結局普段着。

 

今日の「起業相談」はどうなるんだろうか。(あと2時間!)