読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅の平成 ☆ きもの暮らし

特別じゃないふだんの着物とキモノにまつわるあれこれ

相談時間を間違えてしまいました

こんばんわ 紅です

いつの間にか・・・夜になってしまいました。

 

今日は、現在受講中の社会貢献をしたい人たちの勉強会の個人相談の日でした。

 

うっかり、相談時間を間違えておりました。

 

「時間過ぎてますよ〜」

と連絡が来たので

「これから行きますがいいですか?」

「OK」

となったので急いで着物を着て出かけました。

 

今日は雨の予報なのでポリの出番です。

帯くらい変えたかったけど時短のために昨日と同じチョイス。

 

急いで家を飛び出して公園を抜けたところで

「あれ?」

財布を見ると300円しか入っていません。

電車賃が足りないかも?

今来た道を逆戻り。

 

でも、早めに気づいてよかった。

帰りの電車賃を誰かに借りなければならないところでした。

 

会場に着くと担当の方が

「あんた一体何がしたいねん?」

「広く募集しても人は集まらへん」

「自分に呼びかけられていると思うような言葉を」

という感じでグイグイ迫られます。

 

「5秒で伝わる言葉を!」

話をしているうちに的が絞れてきたかも・・・

 

人と話すのは大事だなって思いました。

5秒ね・・・

 

とりあえず2ヶ月後に

「セミナーを開催」

することになりました。

 

キャッチや内容は今月中に考えることに。

 

なんだか疲れて昼寝をしたら夜になっていました。

昨日の晩よく眠れなかったのでした。

 

 

昨日は、凄腕の着付け師の先輩のお宅にお稽古に。

話が盛り上がり、レッスンが始まるまでに大分掛かりました。

 

同じ職場で働く方たちなのでいろんな噂話や、愚痴やらが尽きない。

私はあんまり仕事に行かないので聞いているだけ。

情報収集にはなる。

2週間後にオーナーのお嬢さんの結婚お祝い会があるそうで連絡が来たと話題になっていた。

「私のところにはそんな連絡来ていない」

その日にはミーティングもあってスタッフが大勢集まるらしい。

その連絡も来ていない。

そういえば私には忘年会のお誘いなどもない。

「仲間はずれ」

というものなのかもしれないが、ここのオーナーは

「そういう人」

なので気にならない。

レギュラーメンバーではなく衛星メンバーのように思われているんだと思う。

かえって気が楽なのでそれでよいと思う。

話を聞いているとお祝い会に招かれた人はお嬢さんにお結婚祝いを¥5000ずつ払ったそうだ。

私は結婚することも聞いていないので

「関係ない」

のである。

 

お稽古で衿合わせと、帯の形をチェックされた。

帯の形、まだまだ習得できていない。

「◯◯さんは、上手に作るよ〜」

と凄腕の先輩が。

 

人と比べられるのはあんまりいい気持ちはしない。

誰かと張り合ってこそ上手くなるのかもしれないけど。

私は土俵に上がらない。

 

自分に必要だと思うから練習するだけ。