読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅の平成 ☆ きもの暮らし

特別じゃないふだんの着物とキモノにまつわるあれこれ

お金のためだけではない社会に貢献する仕事で生きる

こんばんわ 紅です

朝から書類の片付けをしつつ、仕事を進める。

セミナーとか勉強会に行くと書類をたくさんくれる。

 

自分にとって必要なのか、そうでないのか?

エネルギーがないと仕分けも難しい。

今日はついでに溜まっていた資料も捨てた。

書類が少なくなると頭の中もスッキリ。

 

今日は、メールのやり取りが多かった。

書類を捨てるためにはメールでお知らせしてからじゃないと。

 

「連絡する」って億劫だ。

連絡したってほとんど返事は返ってこない。

 

自分の気に入らないものは瞬殺!が現代風。

 

情報が多すぎるからそうでもしないと動きが取れない。

自分もそうだから怒る気にはならない。

 

朝、書き出した

「今日やるべきこと」

のうちの2割くらいしかできていない。

 

でも、ずいぶん仕事した感がある。

 

日が暮れた頃、電話が鳴った。

去年起業塾で一緒に勉強したお兄さん。

仮に「狭ちゃん」としておこう。

 

出会った頃の狭ちゃんは、精神的に不安定でたぶん「うつ」だったんだと思う。

今もそうかもしれない。

 

それから数えるほどしか会っていないけど、彼は私の婚活イベントのお客さんになってくれたことがあるので、イベントがあると連絡する。

そのたんびに来るのかこないのかわからないようなぐずぐずした返事が来る。

花見には参加するなあ・・・

 

春にコンサルに見放されて、さまよっていた私は広告代理店に勤めていたという狭ちゃんに相談した。2ヶ月くらい前のこと。

 

そんなこんなでふと、私を思い出したらしい。

 

「今からお茶飲めない?」

近くに来ているっていうから断った。

いくら私でも出かける時には身支度するのです。

会いたければ1時間前にアポ取らないと無理よね〜

 

電話で少し話した。

狭ちゃんも道の曲がり角にいるみたい。

 

社会起業家」というカテゴリーを教えてあげた。