読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅の平成 ☆ きもの暮らし

特別じゃないふだんの着物とキモノにまつわるあれこれ

チラシを作らなければいけないのに、絞っても何も出ない・・・

こんにちは 紅です

 

今日は11月に予定しているイベントのチラシの内容を考えていたら過ぎてしまった。

今月中に作成することになっている。

が、

まだ何も形になっていない。

 

前回の相談で固まりかけていたイメージもスピーチの練習やらイベントやら振袖着付けで、記憶が薄れ崩れ去ってしまった。

 

結局なんにもできていない。

 

最近やっと

「問いがわかってきた」

 

ズーッとズーッと前から本には書いてあった。

読んでいた。

目にしていた。

けれど、

自分に当てはめることがとても難しい。

 

街を歩いて看板を見ると

「あなたの◯◯を解決します」

と読み替えている。

医院だったら

「お腹の痛みが取れるお薬を処方します」

とか。

蕎麦屋

「おいしいお蕎麦食べたい人はここへ」

使用前使用後がはっきりと分かるように。

 

CMを見れば

「買うと◯◯になるんだね」

「◯◯を解決する」

と言い替えて人様の仕事を確認している。

思うに、これらの商品が欲しい人と私は全く波長が違う。

でも、伝わるように話さないと誰にも伝わらない。

 

横断歩道を通行中の人に呼びかけたときに

「私のこと?」

って振り返ってもらえるようなメッセージ。

 

それをチラシに入れろという。

集客を手伝ってもらうのだから当然ですが。

 

そのメッセージが私にはない。

商品がない。

 

サービス業なのでお客さんがお金を払ってくれるならそれは商品と言える。

いままでいろんなことをやってきて、いろんなことができるようになってきた。

でも、どれもイマイチ。

 

自分がやりたいことなのかもイマイチわからない。

 

多分、前提を変えることが必要なんだと思う。

自分ができることやりたいことはちょっといておいて

「求められていること」

に焦点を合わせる。

 

それを解決できるようなイメージを貼り付けると仕事になる。

でも、嘘はつきたくないし、詐欺は嫌。

イメージ商法はダメ。

 

心から自慢できるものがないんだわ。

 

再挑戦してきます。