読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅の平成 ☆ きもの暮らし

特別じゃないふだんの着物とキモノにまつわるあれこれ

チームプレー

こんばんわ 紅です

久しぶりの団体プレー。

自分の協調性を確認しました。

 

ひたすら着付けの一日。

結婚式場の着付けを担当。

めったに行かないので半分は初めての顔。

古株は以前会った時よりも幅をきかしている。

 

先輩からも聞いていた。

鼻持ちならないって。

 

今日はシビアに忙しかったので私をいびる余裕がなかったんだろう。

そんなそぶりは出さずに、いたって平穏。

私は結構そんな感じで攻撃対象を免れることが多い。

 

学齢期を通しても自分が「いじめられた」という記憶はない。

 

もしもいじめられたとしたら「断固戦う」気概はあるのでそこはかとなく醸し出しているのだと思う。

・・・でも時々間違う奴がいるんだよね。

 

居場所の文句たれなんかそういう輩だと思う。

ギュウの音も出ないように、論破して打ち負かしてイチャモンつけたのを後悔するくらいのことはしてやれる。

 

でも、年取るといちいち怒るのが面倒になる。怒ってわかる相手じゃないんだもん。

バカの壁」という奴だろうか。分かり合えないものはわかりあえない。

相手が病的な場合もあるし。ストーカーになられても困るし。

 

相手に注ぐエネルギーがほとばしっていた若かりし頃とは違う。

それを丸くなったというんだろうか・・・

 

仕事が終わって女性ばかりのスタッフが10人ほど集まってお弁当を食べながら話をした。

こんなことが楽しくて仕事に来ている人もいるんだろうなあ。

人は低賃金できゅうきゅう絞られて働くほうがしょうにあっているのかもしれない。

高待遇でも責任あるのは嫌とか・・・

私が嫌いなブラック雇用システムが繁栄する所以は、労働者の責任を持ちたくないという意識にもあるのかもしれない。